BLOG

 2020年1月12日(日)定例のコスモス福岡支部歌会が、アクロス福岡2階セミナー室Ⅱで開かれた。選者は大野英子、司会は、前半大西晶子、後半栗山由利。詠草提出者18名中参加者は14名。最高得点歌は栗山由利。

〇渋滞や出国ラッシュのニュース聞きひとり厨で鍋底あらふ

この時期なので年末の歌であると読めるが、どこかに季節を示す言葉を入れたほうがよい。四句のひとりが寂しさの押し売りともとれるので「暮の厨で」などとすれば良い。このままでも年末の主婦の気持ちをうまく詠んでいるが、本当はここから独自性を出して欲しい。

「渋滞や出国ラッシュに縁はなく~」あるいは「渋滞を外して子らよ帰り来よ~」など。

このほか数首を挙げる。

〇診療所に「ペイペイ使えます」の旗旧りし団地も世代交代

ペイペイは「」でくくるならPayPayが正しい表記。「団地も世代交代」は主観。旗を生かして下句は「旧りし団地に新しき風」としては。

〇四十人傘寿の顔がならびたる同期会の集合写真、壮観

作者にはそう感じたのだろうが、元の人数もわからない読者はどうか。「壮観」と言葉で片付けずなぜそう感じたのかを詠む。

 例えば「同期会に欠けしは三人傘寿なる四十人の集合写真」

〇ひと月を机上に置けど読みなづみ書棚にもどす『法然の哀しみ』

机上に置けどページが進まなかったという表現にねじれがある。置きっぱなしなのか頁が進まなかったのかあやふや。「ひと月を読んではとぢて読みなづみ~」

〇あちこちにポケモンゐるらし立つたままスマホを見入る人のかたまり

このままではポケモンゲームを説明しているだけ。あちこちにと人のかたまりが呼応していない。「ポケモンがいるのだらうなわらわらとスマホに見入る人が増えゆく」

〇明け方の夢のつづきか冬靄に踏む自転車のペタルが重し

夢のつづきとペダルが重いがつながらないのが惜しい。ペダルが重いとあるので「踏む自転車」は不要。「冬靄に」の「に」も曖昧。「明け方の苦しき夢がつづくごと冬靄のなかペダルが重い」

 三十一文字しか使えないので不要な言葉を見極めて、本当に大切な言葉を入れる。

 12月8日(日)に、コスモス福岡支部12月の歌会をアクロス福岡セミナー室2で開催したのでその概要を報告する。参加者は18名、選者は藤野、大野、司会は前半大西、後半有川。最高得点歌は先月に続き増田順子の

〇駅 前 は ひ か り の ひ ろ ば 電 飾 の か げ に 黒 子 と な り て 立 つ 木 々

「黒子となりて」が冬のイルミネーションが取り付けられた木々をうまく詠んでいるとして評価が高かったが、「電飾のかげに」が二通りにとれてよくないという意見が出た。電飾が施されている木のことを表現しようとしているのだろうが、字義通りにとればその木以外の場所を指しているととれる。「かげに」がよくないので、三句以下は「電飾を支えて黒子となる冬の木々」としたらよい。

そのほかの数首を挙げる。

〇ア パ ー ト の 入 り に 葉 牡 丹 の 紅 白 を 植 ゑ て 春 待 つ 誰 彼 う か べ て

 「誰彼うかべて」がざっくりしすぎて、アパートの住人のことなのかそれ以外の人を含むのか明確でない。また、「誰彼浮かべ」は「誰彼を思い浮かべ」を省略した表現かもしれないが、文法的に問題がある。結句は「住む人思ひ」とすべき。

〇金 文 字 の “ 龍 愛 子 ” の 墓 に 対 き 掟 に 堪 へ し “ 愛 加 那 ” 思 ふ

墓や石碑などに対き、思うと読むのは常套的でありふれている表現なので避けるべき。思うと詠むことで自分が出てしまい、表現が俗になる。事実だけを読むようにすべきで、例えば「龍愛子の墓の金文字ひかりゐる藩の掟に耐へし愛加那」とするとよい。また、初句の「金文字の」に疑問が出た。墓碑に苗字が付くだけでも豊かな支配層であったことが分るのに、それが金文字であると初句で読めば二句以下で詠もうとすることを限定してしまっている。(この部分消化不良です)

〇事 故 あ り て 列 車 停 ま り し 窓 の 外 闇 に エ ン ジ ェ ル ス ト ラ ン ペ ッ ト 咲 く

過不足なく状況を説明できている歌だが、列車停まりしの「し」が問題。明らかな過去以外過去の助動詞「し」は使うべきでなく、下句は「夜闇にうかぶエンジェルストランペット」とすべき。また、「事故ありて」は初句から状況説明になっており避けるべき表現。たとえば「闇に咲くエンジェルストランペット見ゆ人身事故に停まる列車より」などとすれば初句からの状況説明が避けられる。

〇を だ ま き の 廻 り め ぐ り て 七 め ぐ り 来 む 春 や わ れ 年 女 な る

 伊勢物語の「いにしへのしづのをだまきくりかえし昔を今になすよしもがな」のをだまきまでが繰り返しを導く序詞となっていることを踏まえたうまい歌。ただし、をだまきは繰り返しを導くのであってめぐりとつながっていることには疑問も出た。

 『灯船』というのはコスモス短歌会の会員で昭和40年より以前に生まれ、発行当時80歳を上限に区切ったメンバーで構成された68名を同人とする結社内同人誌です。現在15号まで発行し、年四回批評会を行っています。

  先月、11月23日(土)10時30分からみっちり17時30まで、名古屋のウインクあいちにて15号の批評会が行われました。

  当日のゲストは名古屋在住「まひる野」編集委員の広坂早苗氏、参加者は桑原、鈴木、木畑、風間、宮里、小山氏の選者をはじめとした26名。

  福岡支部からも数人、同人として参加していますので、私、中村の作品を中心に少しご紹介いたします。

  指名された参加者が評を行った後、意見交換、その後広坂氏が総括的なコメントをする形で行われました。

「うすあを」 12首

〇六十代後半になって大手術をした夏の出来事や見たものを詠んでいます。

桑原正木紀評

・「梅雨終はるころに降り出す大雨が荒れるがごとく六十後半」は、出だしの歌として作者の状況が端的に分かりよいが、「荒れるがごとく」ではこれからのことのように読めて錯覚するので過去であることをはっきりさせる。

・「うすばねをあまた並べて樹液吸ふ蟬しづかなり しんしんと夏」は静かな情景を詠んでいるが「あまた」と数を出すことによって蝉の啼き声を思わせてしまうので表現を変える。

広坂早苗評

・出だしの歌は作者を知らない人間にも状況が伝わり良いが、表題の「うすあを」を使った歌が三首あり多すぎる。「玉花のかたちのままに枯れてゐるうすあをのこる夏のあぢさゐ」は良いと思う。しかし、途中に孫の歌が入ってきて雰囲気を壊している。孫歌は入れるべきではなかった。

もうひとり、お褒めの言葉を頂いたユリユリさんこと栗山由利さんの評も紹介します。

「猫道の猫」 12首

〇作者の通勤路にあって猫道と名付ける小径に暮らす子猫の成長を中心に、猫に関する思いが詠まれています。

坪井真理評

・「梅雨を越え夏を越えさせお母さん猫はほんとによくがんばつた」、「猫好きの父がをしえてくれた花 病室から見たキバナコスモス」などが、猫好きの思いが出て柔らかく良い。

早川照子評

・「太陽がかくれてしまふその前に早くおかへりけふの寝床へ」は前後関係から猫のことを詠んでいることが分かるが、このままでは子供のことを詠んでるとも読めて一首独立性に欠ける。

広坂早苗評

・とてもやさしい童話のような一連で、「後ろ手に門を閉めたらちやうど合ふ二軒となりの森さんちの子」など場面の作り方が巧みであり言葉使いも柔らかくて良い。早川氏の指摘には、対象が何であっても読める歌であるが、この歌はそれでも良い歌である。

 他にも前出の「梅雨を越え~」の作品について三句のお母さんで切れる読み方もあるという指摘がありました。「お」を取ればということでしたが、それだけでは収まらず由利さんは頭を抱えています。

 最後に、「灯船」発行人の桑原正紀氏の一連がとても素晴らしいと思ったので、簡単に紹介します。

「はるけき連鎖」 12首

〇蟬声の途絶えた晩夏の園で、白く照るひかりを見て死を連想した、作者の五歳の時の火葬を見た体験を軸に「生と死」をめぐる深い思いを詠んでいます。全体が素晴らしく、一首一首を紹介するより広坂さんのまとめの評を紹介します。

広坂早苗評

・不思議な時空を持った一連。はるかなつながりから自分を見ている。美しくて、ちょっとまがまがしい不吉な感じがある。それが綺麗な言葉で繋がれ詩的な雰囲気を醸している。

その他広坂さんから

・連作を一つのテーマで読むのは概観になりやすく、淡いスケッチになりがち。一つのテーマに焦点を当ててそこを中心に詠むような工夫を。

など、貴重なアドバイスをいただいた。

  その後、8時まで懇親会。さらに、数名と共に福岡支部のメンバーも鈴木氏のお誘いにより短歌の聖地の中華料理店「平和園」で二次会に突入。

  有名歌人が歌を載せているアルバム数冊を見ながら歓談。伊藤一彦氏、山下翔氏などの名前も発見。おもしろ短歌形式で、各自でばらばらの五・七・五・七・七をつくり、それをシャッフルして短歌を作り、アルバムに参加者全員が名前をサインして一日を終えた。

  なお平和園と歌人との繋がりに関しては田中槐氏のブログhttps://sunagoya.com/jihyo/?p=1664に詳しく紹介されています。

(中村仁彦)


令和元年12月1日にアルカディア市ヶ谷で開催された合同出版界に初めて参加したので、報告を兼ねて感想を述べる。

参加者は80人ぐらい。高野公彦氏のあいさつで会が始まった。対象の歌集は10冊、批評・紹介者は、コスモス12月号で紹介をした人とは全く別の人たちだった。それぞれが選んだ十首に沿って、一人13分の持ち時間で評が述べられていった。休憩後、高野、田宮、大松氏がその十首の中から選んだ3首の紹介と評が歌集ごとに順番を変えて選んだ歌が重ならないように行われた。その中から代表として大野英子歌集「甘藍の扉」を紹介する。

批評・紹介者は田中愛子氏。コスモス四賞をとった作者の待望の歌集であると切り出され、両親の病み衰えてゆく姿を体温を感じられる近さで見届けた作者の辛さや覚悟が見えると全体の印象をまとめた。それぞれの歌のコメントは次の通り。

① 辞令より先に名刺が出来上がり差し出されたりわが知らぬわれ

社会人として在りがちだけれども見落としていることが詠まれている。あれっと思った小さな日常の差異がうまく切り取られている。

② キッチンに立てば背中に父母の笑ふ声して春めく今宵

背中というのがとても良い。向こう向きだからこそ両親はいつものように談笑をしており、結句の春めく今宵が柔らかな暖かい雰囲気を伝えている。

③ わがこゑは聞こえなくとも朝顔の枯れゆく音を父は語りぬ

病んでいる父が作者の声は聞こえなくても朝顔の枯れゆく音を聞くという歌人ならではの繊細さ、それを掬いあげる歌人としての作者。二人が歌人であったからこそ生まれた一首。

④ ベランダの椅子でこころを養ひぬ海風わたる夏の朝、夜

ベランダは病院のベランダと読める。ガラス一枚隔てた部屋の中は重苦しいが、作者は心苦しくなった時に外に出て、雄大な自然を感じそこで心を少し強くし、また部屋に戻って看病を続けるのだろう。

⑤ やはらかき甘藍の扉をひらいてもひらいてもひらいても父ゐず

歌集タイトルとなった歌。キャベツを一枚一枚開いていくとき、その行為がなにか父を探すような感じになりつつ、結句の「父ゐず」と簡潔に結んだことで、求めても父はもういないことが痛切に伝わる。

⑥ そこに父がゐるごとき香よ愛用のヘア・トニックをおく洗面所

失った人の姿や声は、アルバムを見ないなどの方法で断つことができるが、匂いは突然やってきて思い出を迫る。洗面所という日常の場所で父の匂いを感じた作者の悲しみが伝わる。

⑦ わたくしがわたしになりてわれとなり徐々に生まるる一行のうた

短歌をやる人が誰でも感じることが詠まれている。短歌を詠むとき確かに「われとなり」となると言われれば、確かにそうと思える発見のある歌。

⑧ 今のうちにひとりで泣くよその日まで母を笑顔で見守るために

老いていく、病んでいく身近な人を目の前に置いて、その人を見送るために自分がどのようにその場面を乗り越えてゆくかを教えてくれる一首。母と娘がお互いを悲しませたくないという思いが伝わり胸が痛くなる歌。

⑨ えりまきばせんば寒かよと言ふ母のこゑ聞こえくる風強き夜

生きているときの母の言葉がそのまま使われていて、亡くなってもどこかで繋がっていることを感じさせてくれる歌。

⑩ 梅の実にゆたかなる香の満ちてきて追熟を待つわたしの人生

実際の作者の姿が等身大で伝わってくる一首。結句の「わたしの人生」を「われの人生」と七音とせず八音にしたのは、作者が歌人としてだけでなく、友達とお茶をしたり映画を観たりすることまでを含めて自分の人生としたように思える。

全体として、両親を看取った作者渾身の歌集であり、悲しみを乗り越えていく術を読者に教えてくれる歌集でもある。

後半で、以上の十首の中から高野氏が選んだのは⑩の歌。高野さんは、「この歌は「蝋燭の長き炎のかがやきて揺れたるごとき若き代すぎぬ」の上の句が実景であると同時に序詞となっているのと同じであり、追熟を待つのは梅の実であり作者の自分の人生の両方である」と評しました。田宮さんは②を選び、やはり背中がよく、この歌は幸せ感に満ちており、それが後の辛さを際立てると評しました。大松さんは③.朝顔の枯れゆく音は実際には聞こえていない音で、記憶の中の音をたどって歌にする。その取材力に歌人としてのすごさを感じると評した。

英子さんを代表として取り上げたが、他の9人にも同様に評が行われ、充実した時間だった。最後に余興として面白短歌が行われ、小島ゆかりさんが司会兼コメンテーター的なことをやって楽しませてくれた。

なお、この様子は南の魚座の有川知津子ブログで全体像を見ることができるので、参照してほしい。https://minaminouo.exblog.jp/30951105/

(中村仁彦)

 令和元年11月2日、選者・講師を小島ゆかり氏がつとめる標記の大会が柳川あめんぼセンターで開催されました。会員のお二人が選歌作品に選ばれましたので、ご紹介します。

小島ゆかり選 人賞

 バイク音掻き消す程の豪雨にも新聞届く午前四時前 八坂京子

高野公彦選 佳作

 八十で職退きし夫朝寝して昼寝し早寝す桜咲く日を 長澤八重子

                            (報告 中村)